CHEMISTRY OF BOOK

化学を学ぶ人のための専門書まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無機化学の教科書

無機化学(Inorganic Chemistry)
無機化学の教科書の内容は、化学結合理論や無機結晶、金属錯体などについて考察をしていく総論と、各化合物の性質を学んでいく各論に大別できる。このバランスが各教科書によってバラバラだが、初学者は総論寄りの本から学んでいくのがベターだろう。各論は有機化学に比べて範囲が非常に広く、おそらく一度読んだだけで頭にすべて叩き込むのは難しいはず。まずは最初に使った教科書を読み込み、ある程度頭の中にインデックスをつけておいて、必要に応じて再度調べていけばおのずと理解が深まっていくだろう。有機化学に比べて書籍の数は少なく、定番の本はごく限られている。まずは自分にあった1冊を徹底的に学習していこう。



シュライバー・アトキンス
無機化学 (第4版)

世界で広く読まれる無機化学のスタンダードな教科書

シュライバー・アトキンス 無機化学〈上〉シュライバー・アトキンス 無機化学〈下〉

■出版社/原著出版社
東京化学同人/Oxford University Press

■発行年
2008年

■サイズ
A5(ハードカバー:全1296頁)

■レベル
★★★☆☆(学部2~4年)

■ひとこと
世界的に有名な無機化学の教科書。個人的にいろいろと読み比べてみたが、とりあえず邦訳されている本のなかではこれがベストと思われる。ページ構成もカラフルで、総論、各論の配分が適切(やや総論寄りだが学部向けにはこれくらいがちょうどよい)。とくに、第19章のdブロック金属錯体の電子構造については、類を見ないほど丁寧かつ簡潔に書かれている。すでに原著は第6版が出ているので早めの改訂が望まれているが、この第4版でも大きな問題はない。中級以上の教科書なので通読するのはやや大変だが、無機化学を基礎からきっちりと固めたい人はこれ一択となるだろう。



Inorganic Chemistry (第6版)
最新のトピックスも盛り込んだシュライバーの最新版

Inorganic Chemistry

■出版社
Oxford University Press

■発行年
2014年

■サイズ
27.4×21.8×3.2 cm(ペーパーバック:912頁)

■レベル
★★★☆☆(学部2~4年)

■ひとこと
上で紹介したシュライバー・アトキンス無機化学の原著が改訂された(現在は邦訳より2つ版が進んでいる)。今回からシュライバーの名前が落とされ、アトキンス博士ほか数名の著者が監修するスタイルとなったようだ。しかしながら、無機化学テキストのグローバルスタンダードであることは変わらない。こういう本を、学部の時代からコツコツと読んでいけば院に上がったときに相当な力となっているはず。英語も同時に学びたい人はぜひチャレンジを!



Basic Inorganic Chemistry (第3版)
シュライバーと双璧をなすもうひとつのスタンダード、通称「コットン基礎」

Basic Inorganic ChemistryBasic Inorganic Chemistry, Solutions Manual

■出版社
John Wiley & Sons Inc

■発行年
1994年

■サイズ
25.8×18.5×3.6 cm(ハードカバー:856頁)

■レベル
★★★☆☆(学部2~4年)

■ひとこと
「コットン・ウィルキンソン・ガウス基礎無機化学」として日本では培風館から邦訳第3版(基礎無機化学)が出ているが、訳がいまいち良くないので最新の原著を読むことを推奨する。また原著には章末問題の解答編も存在する。ちなみにタイトルにBasic(基礎)とあるが、これは易しいという意味ではなく、総論的な記述が多いことを示している。とくに配位子場理論などdブロック元素特有の理論や錯体反応について丁寧な記述があるのが特徴で、有機金属や生物無機化学に関するトピックも充実。学部レベルの講義や院試に向けた勉強ならこれ1冊で十分だろう。化学が専門なら、無機化学の教科書はシュライバー・アトキンスかこちらかの選択となるのではないだろうか。そしてこれをマスターしたら、下で紹介する「Advanced Inorganic Chemistry」を手に取ってみよう。



Advanced Inorganic Chemistry (第6版)
各元素についての記述が詳しい無機化学テキストの最高峰

Advanced Inorganic Chemistry

■出版社
Wiley-Interscience

■発行年
1999年

■サイズ
26.2×18.8×6.3 cm(ハードカバー:1376頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
50年以上の歴史を誇る無機化学の教科書がコットン・ウィルキンソン無機化学。原著では「Advanced Inorganic Chemistry」というタイトルだが、邦訳されたものは第4版「」で改訂が止まって絶版となっているので、手に入れるなら必然的に最新の原著ということになる。この本の特徴は、周期表すべての元素の性質や反応性をまとめた貴重な本だということ。第4版辺りまでは、無機の理論や生物無機化学のテーマも取り扱っていたが、最新の第6版では総論部分はコンパクト化され、そのページの大半を各論の記述に当てている。かなり詳細な本なので、無機化学の初学者にはおすすめできない。上で紹介した同じ著者の「Basic Inorganic Chemistry」を通読した人が、さらに各論について理解を深めたいときに活用するのが正しい。なお、1999年の発行なので、それ以降に発見された元素の性質については、当然記述がない(とは言え、半減期が極めて短い放射性元素なので問題はないのだが)。数多くある無機化学教科書の、言わば集大成とも言える大作なので、専門であるならば持っておいて損はない。



Principles of Inorganic Chemistry (第1版)
理論重視の新しい無機化学テキスト

Principles of Inorganic Chemistry

■出版社
Wiley

■発行年
2015年

■サイズ
28.7×22.4×3.3 cm(ハードカバー:760頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
無機化学の教科書は昔から定番が決まっているが、この本は他書だと手薄になりがちな理論的アプローチを重視しているのが大きな特徴。元素の各論をバッサリとカットし、量子化学、分子の対称性、分光学、化学結合、配位子場理論、有機金属化学…と、無機化学総論を760ページのなかにぎっしりと詳細に盛り込んでいる。言うなれば、かつての名著「ヒューイ無機化学」のようなポジションであるが、カラフルで写真や図が豊富なので、比較的とっつきやすい本だろう。レベルがやや上級(学部3年~大学院1年)なので、薄くて読みやすい無機化学入門書を読んだあとの2冊目としておすすめしたい。前述したとおり、コットン・ウィルキンソンとは対照的に各元素の性質や反応などはほとんど記載されていないので、これは別の教科書で補おう。現代の無機化学テキストの新星と呼べる1冊だ。



評価の高いその他の名著
リー無機化学
こちらも古くから読まれている教科書。邦訳は第3版が最新だが、原著は1999年に出た第5版(Concise Inorganic Chemistry)が最新。今となっては特に優れているところはなく、化学結合のところに正しくない(古い知見に基づく)記述がある(超原子価化合物のd軌道の関与…etc)だが、分量が1冊分と軽めなので無機専門以外の者に適している。無機の学習をしておきたいけど、シュライバーやコットン(基礎)を通読するには荷が重い…という学生にちょうどいいサイズ。なにより邦訳が優れていて、読みやすいのも◎。内容は、どちらかといえば各論中心で理論の記述が少なめ。結晶&配位子場理論をもう少し詳しく扱ってくれると、もっと高い評価を与えたいのだが…。

ヒューイ無機化学 (上)
ヒューイ無機化学 (下)
このヒューイ無機化学も、昔から読まれている手堅い教科書。コットン基礎やシュライバー・アトキンスよりも上級の教科書だが、特徴はなんと言っても理論の記述が詳しいこと。そういう意味では、コットン・ウィルキンソンとは対照的な本である。一風変わった趣だが、手元にあると役に立つ。ただし、化学結合論に関する記述が古い知見に基づくものなので、これをメインの教科書にすると危険だから注意。今となっては、あくまで副読本として使うほうが無難だろう。ちなみに原著最新版は1997年に出版された第4版(Inorganic Chemistry: Principles of Structure and Reactivity)。原著にチャレンジするのも悪くない。

コットン・ウィルキンソン・ガウス基礎無機化学
これは、上で紹介したコットン・ウィルキンソン・ガウス無機化学の邦訳版。訳があまりよろしくないので、メインのコーナーで紹介しなかったが、取り扱っている内容は優れている。総論は学部学生が学ぶには十分の内容。シュライバー・アトキンスでやや手薄な感がある各元素の性質も、こちらは少し詳しく載っている。シュライバー・アトキンスと合わせて両方読めば完璧なのだが…。非常に普遍的な教科書なので、多くの大学院入試用にも使えるのもメリットか。

ほかには…
ハウスクロフト無機化学 〈上〉
ハウスクロフト無機化学 〈下〉
ハウス無機化学 〈上〉
ハウス無機化学 〈下〉
レイナーキャナム 無機化学
最近出版された新しい無機化学の教科書がある。ハウスクロフトはシュライバー無機化学とほぼ同レベルで、扱う内容も大きな差はない。これからの定番になりそうな1冊。ハウスは、固体化学についての記述が詳細。レイナーキャナムは各論中心の印象だ。



スポンサーサイト

物理無機化学の教科書

物理無機化学(Physicalinorganic Chemistry)
物理化学と無機化学の境界領域の学問が物理無機化学。通常の無機化学の教科書では取り扱わない錯体の量子論的な取り扱い、分光学、群論などその範囲は広く、総合的に学べる定番の教科書というものは限られている。物理無機化学というタイトルの大著と、各論的な和書をいくつかご紹介しよう。



Physical Inorganic Chemistry (第1版)
「物理無機化学」を詳細に取り扱った2冊組の本格的テキスト

Physical Inorganic Chemistry: Principles, Methods, and ModelsPhysical Inorganic Chemistry: Reactions, Processes, and Applications


■出版社/原著出版社
Wiley

■発行年
2010年

■サイズ
24.1×16.3×2.9 cm(ハードカバー:536頁)
24.4×16.5×3.3 cm(ハードカバー:624頁)

■レベル
★★★★★(学部4年~研究者)

■ひとこと
無機化合物に物理化学(とくに量子化学)の面からアプローチして、分子構造、物性などを議論するのが物理無機化学。境界領域の学問で、あまり一般的ではないかもしれないが、日本でも名古屋大学などに研究室がある。この本は2冊組で、基礎編と発展編に分かれている。しかしどちらも専門的な内容なので、院生や研究者が対象だろう。トピックも、ほかの本には載っていないような興味深いものが多い。



評価の高いその他の名著
分子の対称性と群論
昔から読み継がれる対称性と群論の入門書。非常に苦手とする人が多いが、そんな人でもかなり丁寧にわかりやすく解説してくれる名著である。ボリュームこそ少ないが、配位子と金属の分子軌道についても詳細な記述があって一読の価値あり。物理無機化学の諸分野の基礎固めにはおすすめである。

量子論に基づく無機化学 -群論からのアプローチ-
群論からアプローチした物理無機化学の本。このレベルの本を読みこなせると、後々役立つはず。

配位化合物の電子状態と光物理 (複合系の光機能研究会選書)
錯体を量子論的に考えているのがテーマ。分光学、量子論、無機化学……これらを統括してまとめた興味深い1冊。

物質の対称性と群論
物理化学、無機化学で重要な概念が群論。苦手な人が多いこの分野をわかりやすく解説してくれる優秀な書で、評価の高い1冊。


固体化学の教科書

固体化学(Solid State Chemistry)
固体化学は、無機化学や物理化学の教科書で取り扱われることが多い分野。ここでは、本格的に固体化学を学びたい人向けの専門書を紹介したい。物性物理学との結びつきも強く、材料化学やナノテクノロジーへの応用も盛んな分野である。化学専門の人には難解な式が多く出てきてとっつきにくい領域だが、自分に合った本でしっかりと基礎を身に付けていこう。



Solid State Chemistry
and its Applications (第2版)

もっとも著名な固体化学テキストの改訂最新版!

Solid State Chemistry and its Applications

■出版社
Wiley

■発行年
2014年

■サイズ
24.4×19.6×2.8 cm(ペーパーバック:584頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
初版は、少し前から世界中で読まれてきた固体化学のバイブルだったが、これはその最新の版となる。日本でも講談社サイエンティフィクから「ウエスト固体化学入門」として、物理、化学、工学系の学生に親しまれてきた馴染み深い教科書であるが、今回はさらに発展的な内容を盛り込んで改訂された。



評価の高いその他の名著
固体化学
日本人著者による固体化学の入門書。固体の構造、反応、物性をコンパクトにまとめている。

ウエスト 固体化学入門 (講談社サイエンティフィク)
上で紹介した本の和書。こちらはひとつ版が古いが、日本語で学びたい人には嬉しい。

配位化学の教科書

配位化学(Coordination Chemistry)
配位化学(Coordination Chemistry)または錯体化学(Complex Chmeistry)は、金属錯体の性質や反応、または構造などを論じる無機化学の一大分野。一般的な無機化学の教科書や有機金属化学の教科書に詳しく記述があるので、改めて別なテキストを用意して勉強するというシチュエーションは少ないかもしれない。世界的に見ても、専門のテキストはさほど多くないが、ここでは最新の錯体化学をより深く学べる専門書を紹介していこう。



Introduction to
Coordination Chemistry

基礎から学べる配位化学の入門テキスト

Introduction to Coordination Chemistry (Inorganic Chemistry: A Textbook Series)

■出版社
Wiley

■発行年
2010年

■サイズ
24.4×18.8×1.8 cm(ペーパーバック:306頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
初歩的なことから、物理化学を用いた発展的理論まで幅広く取り扱っている本格的な配位化学の教科書。無機化学テキストの副読本として活用するのもいいかもしれない。なお、この本はWILEY無機化学テキストシリーズのなかの1冊である。



評価の高いその他の名著
配位化学―金属錯体の化学
邦訳されてる錯体および配位化学の有名な本がこちら。かなり古い本だが、よくまとまっている。ただし、無機化学の教科書以上のことは書かれていないので、この分野だけを特に学びたいというのでなければ、あまり意味がないかもしれない。あと配位子場理論についてほとんど触れられていないのがマイナスである。

生物無機化学の教科書

生物無機化学(Bioinorganic Chemistry)
無機化学と生化学の境界領域に存在する学問分野が生物無機化学である。ここ数十年の間で急速に発展し、生体内のさまざまな金属イオンの振る舞いなども明らかになってきた。比較的新しい学問領域だが、教科書は国内外問わず徐々に増えてきている。ここではそんな最新の生物無機化学の教科書を紹介する。



Bioinorganic Chemistry
Inorganic Elements in the Chemistry of Life (第2版)

最新のトピックスを盛り込んだ生物無機化学の改訂版が登場

Bioinorganic Chemistry -- Inorganic Elements in the Chemistry of Life: An Introduction and Guide (Inorganic Chemistry: A Textbook Series)

■出版社/原著出版社
Wiley

■発行年
2013年

■サイズ
24.4×18.8×2 cm(ペーパーバック:426頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
大学院生向けに書かれた生物無機化学の専門テキスト。およそ20年ぶりに改訂され、第2版となった。最近のトピックスや薬学、医学への応用にも触れており、総合的に学べる生物無機化学のバイブルと言えよう。



Bioinorganic Vanadium Chemistry (第1版)
バナジウムに焦点を当てた生物無機化学の本

Bioinorganic Vanadium Chemistry (Inorganic Chemistry: A Textbook Series)

■出版社
Wiley

■発行年
2008年

■サイズ
24.6×19.0×1.4 cm(ペーパーバック:224頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
ホヤなどの一部の生物ではバナジウムを体内に濃縮している。今、バナジウムは生物無機化学の世界でもっともホットなテーマのひとつ。この本では最新の研究結果が学べる希少な本。



評価の高いその他の名著
リパード・バーグ生物無機化学
比較的最近の学問領域ゆえ、生物無機化学の和書はそれほど多くない。もちろん簡易な概説本はたくさん出版されているものの、専門の学生がしっかり基礎から学ぶとなるとその数は限られる。このリパード・バーグは、日本語の本のなかでは読み応えのあるテキストで、世界的な評価も高い。原著は「Principles of Bioinorganic Chemistry」で、1994年の本だが現在でも購入可能である。

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。