CHEMISTRY OF BOOK

化学を学ぶ人のための専門書まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生化学の教科書

【生化学(Biochemistry)】
生化学は化学の一大分野であると同時に生物学の一科目という、基礎科学ながらも学際性が強い学問である。ゆえに化学科の学生はもちろん、生物系や医・薬・農学系学部でも必須の科目とされている。そんな理由から一口に生化学と言っても、化学科向け、生物科向け、医・薬学科向けなど、教科書によって内容がやや異なっている。ここでは化学専門の人を読者対象とする有名な本を紹介しよう。最近の本は図を豊富に用いてカラフルなものが多いので、ずいぶん読みやすい本が増えてきた。



コーン・スタンプ
生化学 (第5版)

コンパクトにまとまった生化学の古典的教科書

生化学

■出版社/原著出版社
東京化学同人/John Wiley & Sons Inc

■発行年
1988年

■サイズ
A5(ハードカバー:637頁)

■レベル
★★★☆☆(学部2~4年)

■ひとこと
コンパクトにまとまっている古典的名著。出版年が古いのが難だが、化学コースの1科目として生化学の基礎固めをしたい人にとって、この上なく有用なテキストである。とくに代謝の記述が詳しく、よくまとまっている。原著は「Outlines of Biochemistry」だが、すでに絶版(古本として今でも安く買えるようだが…)。邦訳版はまだ新書で買えるので、読むなら必然的にこちらとなるだろう。未だに新書で買えるということは、それだけ多くの人に読み継がれ、高い評価を受けてきた確たる証拠。さらに深く生化学を学びたいなら、次に紹介する「ヴォート生化学」にステップアップしていこう。



ヴォート
生化学 (第4版)

生体反応に詳しい生化学テキストの最高峰

ヴォート生化学〈上〉ヴォート 生化学〈下〉

■出版社/原著出版社
東京化学同人/Wiley

■発行年
2012年~2013年

■サイズ
A4変(ソフトカバー:1305頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
化学寄りの生化学の教科書で、世界でもっとも有名な生化学の本のひとつ。矢印を使って反応機構を記述する箇所もあり、有機化学的な考え方で複雑な代謝機構を覚えることができる。分厚く読破するのに骨が折れるが、非常に網羅性が高く、もっとも信頼がおける生化学のバイブル。学部はもちろん、大学院~研究者まで広くターゲットにするので、専門ならぜひ手元に置いておきたい。読破するのが理想であるが、必要に応じて参照すると言う使い方でも良いだろう。もし生化学が専門でなければ、よりライトな内容のヴォート基礎生化学という選択肢もある。



Biochemistry (第4版)
生化学のバイブルを原著でチャレンジした人に

Biochemistry

■出版社
Wiley

■発行年
2010年

■サイズ
28.1×22.3×5.7 cm(ハードカバー:1520頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
上で紹介したヴォート生化学の原著がこちら。内容は化学寄りで、生体物質の代謝に関する記述が幅広くて詳細なのが定評だ。分量が多いので、通読するのはかなり大変である。生化学専門ならぜひ原著も傍に置いておくと役に立つはず。ちなみに実物は電話帳よりも分厚いので、持ち運びしにくいのが難点か。なお、最後の33章(ウイルス)、34章(真核生物の遺伝子発現)、35章(分子生理学)の3つのチャプターは、以下の公式サイトで無償公開される形になっている。上で紹介した邦訳版は全て収録されているが、原著は印刷物には収録されていないので留意しておこう。
※ヴォート生化学公式サイト:http://wiley.com/college/voet



評価の高いその他の名著
ヴォート 基礎生化学
ヴォート生化学のエッセンスをまとめた簡易版。レベル的にはコーン・スタンプとほぼ同程度だが、学部学生が通読するには、むしろこのくらいの量がちょうどよいかもしれない。

ほかには…
エリオット生化学・分子生物学
ストライヤー生化学
ホートン 生化学
マッキー生化学―分子から解き明かす生命
レーニンジャーの新生化学 上
レーニンジャーの新生化学 下
生化学の教科書も数多く存在する。ここで取り上げたのは、どちらかと言えば化学、生物学寄りの本だ。なかには医学系に特化したものもあるが、ここでは省いた。どれも分厚く、読み応えのあるものばかりなので、気軽に買い替えするのは現実的ではない。研究に向けての基礎知識をつけるためなのか、また院試や医学部編入の学力固めのためなのか。目的を明確にして、必ず自分で目を通してから購入しよう。

スポンサーサイト

生物物理化学の教科書

生物物理化学(Biophysical Chemistry)
物理化学の手法を用いて複雑な生体の系にアプローチした生化学の一分野が「生物物理化学」または「物理生物化学」である。酵素反応論にはじまり、生体のエネルギー論、構造生物学など取り扱うトピックスは意外と幅広い。生化学により厳密性を与える重要な学問分野である。洋書、和書問わず生物物理化学の教科書はいくつか発行されているが、ここではメジャーなものをご紹介しよう。



Physical Biochemistry
Principles and Applications (第2版)

世界標準の生物物理化学テキスト

Physical Biochemistry: Principles and Applications

■出版社/原著出版社
Wiley

■サイズ
24.6×19.0×2.5 cm(ペーパーバック:424頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
数少ない生物物理化学のテキスト。生化学コース向けの内容で、基礎の理論から方法論まで詳しく書かれている。生化学の教科書では補いきれなかった部分をこの本でカバーできる。世界でも評判の高いこの分野の名著である。



評価の高いその他の名著
クーパー 生物物理化学:生命現象への新しいアプローチ
最近発行された生物物理化学の初歩的な教科書。まずは和書で概観を学びたい人にはぴったりかもしれない。

医薬品化学の教科書

医薬品化学(Medicinal Chemistry)
医薬品化学は、創薬化学またはメディシナルケミストリーとも呼ばれ、薬理学と化学にまたがる学際的な分野。要求される知識は、有機化学、生化学、薬理学、分子生物学など非常に幅広い。最近はメディシナルケミストリーの教科書が増えてきたように思うが、薬理学の内容にも少し踏み込んだものや、創薬化学的なアプローチが強い本まで多種多様に存在している。ここでは、化学の目線からメディシナルケイミストリーを学べる本を紹介しよう。



Medicinal Chemistry (第2版)
メディシナルケミストリー総論を学ぶならこれ

Medicinal Chemistry: An Introduction

■出版社
Wiley

■発行年
2008年

■サイズ
24.3× 18.9×3.6 cm(ペーパーバック:646頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
メディシナルケミストリーのなかでも、総論的な記述が多いのが特徴。この1冊のなかに医薬品開発、生体相互作用などに関する記述が網羅されている。とくに有機化学・生化学的なアプローチが充実していて、非常に読みごたえのある教科書。



Medicinal Natural Products
A Biosynthetic Approach (第3版)

天然物の生合成を学ぶならこれで決まり!

Medicinal Natural Products: A Biosynthetic Approach

■出版社
Wiley

■発行年
2009年

■サイズ
24.6×19.0×3.0 cm(ペーパーバック:550頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
「医薬品の天然物」というタイトルのとおり、天然物化学についてかなり広くカバーしているのが特徴。それゆえ、天然物化学のコーナーで取り上げようと思ったが、生合成について詳細に解説されている数少ない教科書のため、生化学に分類した。なお、過去の版のものは南江堂「医薬品天然物化学」として邦訳されていたが、現在は絶版。



評価の高いその他の名著
An Introduction to Medicinal Chemistry
ここ最近の教科書のなかで、注目度が高いのがこれ。最近改訂され内容も充実している。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。