CHEMISTRY OF BOOK

化学を学ぶ人のための専門書まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

【はじめに】
このブログの目的は、大学または大学院向けの化学の教科書選びを考えること。高校まではどの学校でもほぼ共通の教育プログラムで学ぶことになるため教科書が取り扱う内容もすべて同じであり、厳密な枠組みの中から大学入試問題が作成されている。
その一方で、大学生向けの教科書になると内容に明確な基準が存在しておらず、さまざまな本が書店に並んでいるのでどれが自分に合った本なのかピンとこない人も多いと思う。また化学専攻だけでなく、医学、薬学、農学や文系の教養科目として履修する場合がほとんど。多くの場合、大学の講義で教科書を指定されることになるが、必ずしも本人に適したものとは限らないという問題もある。教科書を指定しておきながら、一切教科書を使用しない担当教官もいる。しかしながら、体系的に化学を学ぶためには優れた教科書の存在は必要不可欠。まず初めに取り組むべき仕事は、大学生活をともに過ごす“座右の著”を探すことであり、それが一生モノの知識の礎にもなる。
このブログでは、化学専門の学生、またはもう一度化学を学びなおしたい社会人に向けて、選りすぐりの一冊を紹介していく。指定教科書の兼ね合いもあるので、理想的な本を揃えることが難しい人もいるだろうが、教科書のつまみ食いをせず、これと決めた本を徹底的に読み込むのが理解への近道となる。あまり気負いやこだわりを持たず、参考程度にこのサイトを眺めてくれれば幸いだ。



【化学の諸分野】
自然科学は、物理学、化学、生物学、地学という大きな枠組みでくくられることが多い。高校の教育課程でも、このように科目が分かれているので、多くの人が受け入れられる分類である。

 ■自然科学
  → 物理学(Physics)
  → 化学(Chemistry)
  → 生物学(Biology)
  → 地球科学(Earth Science)


そのひとつである化学もまた、以下のように5分野に大別することが多い。国内外を問わず多くの学会が、このおおまかな分類を用いているので、これは世界共通の分類と言っても差し支えないだろう。また、大学などの教育現場では「一般化学」というくくりで、化学の基礎をカリキュラムに加えている場合もある。

 ■化学
  → 一般化学(General chemistry)
  → 物理化学(Physical chemistry)
  → 無機化学(Inorganic chemistry)
  → 有機化学(Organic chemistry)
  → 分析化学(Analytical chemistry)
  → 生化学(Biochemistry)


さらに、それぞれの学問もまた細かく枝分かれしている。その様相を表したのが下図。これは、物理化学、無機化学、有機化学を中心に、周辺領域の学問分野も表示したもの。円が重なり合ってる部分は、より互いに密接した関係があることを示すが、あくまでも目安のひとつと考えて欲しい。
化学分野


 ■一般化学

 ■物理化学
  → 化学熱力学(Chemical Thermodynamics)
  → 量子化学(Quantum Chemistry)
  → 反応速度論(Chemical Kinetics)
  → 電気化学(Electrochemistry)
  → 界面・コロイド化学(Interface and Colloid Chemistry)
  → 核・放射化学(Nuclear and Radiochemistry)

 ■無機化学
  → 物理無機化学(Physicalinorganic Chemistry)
  → 固体化学(Solid State Chemistry)
  → 配位化学(Coordination Chemistry)
  → 生物無機化学(Bioinorganic Chemistry)
  → …etc

 ■有機化学
  → 有機金属化学(Organometallic Chemistry)
  → 物理有機化学(PhysicalOrganic Chemistry)
  → 高分子化学(Polymer Chemistry)
  → 有機合成化学(Organic Synthetic Chemistry)
  → ヘテロ環化学(Heterocyclic Chemistry)
  → 超分子化学(Supramolecular Chemistry)
  → ケミカルバイオロジー(Chemical Biology)
  → 実験有機化学(Experimental Organic Chemistry)

 ■分析化学

 ■生化学
  → 医薬品化学(Medicinal Chemistry)
  → 生物物理化学(Biophysical Chemistry)

 ■その他の化学関連分野
  → 地球化学(Geochemistry)
  → 材料化学(Material Chemistry)
  → 天然物化学(Natural Product Chemistry)
  → 毒性学/薬理学(Toxicology / Pharmacology)


このように俯瞰すると、化学という学問が受け持つ守備範囲は非常に多くの広がりを持っていることがわかる。ただし大切なのは、これは便宜上の区切りということ。我々が観測しうる自然現象はあくまでも唯一のものであり、それぞれの分野がそれで完結しているわけではない。お互いに関連しあいながら、自然科学が複雑に体系化されている。そして私たちは、必ずしもすべてを学ぶ必要は無いのである。

まず取り組むべきは、すべての基礎となる化学5分野(物理、無機、有機、分析、生化学)の総合的な教科書の内容をしっかりと身につけること。その後に、自分の進む専門分野に必要な、各論を学んでいこう。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。