CHEMISTRY OF BOOK

化学を学ぶ人のための専門書まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固体化学の教科書

固体化学(Solid State Chemistry)
固体化学は、無機化学や物理化学の教科書で取り扱われることが多い分野。ここでは、本格的に固体化学を学びたい人向けの専門書を紹介したい。物性物理学との結びつきも強く、材料化学やナノテクノロジーへの応用も盛んな分野である。化学専門の人には難解な式が多く出てきてとっつきにくい領域だが、自分に合った本でしっかりと基礎を身に付けていこう。



Solid State Chemistry
and its Applications (第2版)

もっとも著名な固体化学テキストの改訂最新版!

Solid State Chemistry and its Applications

■出版社
Wiley

■発行年
2014年

■サイズ
24.4×19.6×2.8 cm(ペーパーバック:584頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
初版は、少し前から世界中で読まれてきた固体化学のバイブルだったが、これはその最新の版となる。日本でも講談社サイエンティフィクから「ウエスト固体化学入門」として、物理、化学、工学系の学生に親しまれてきた馴染み深い教科書であるが、今回はさらに発展的な内容を盛り込んで改訂された。



評価の高いその他の名著
固体化学
日本人著者による固体化学の入門書。固体の構造、反応、物性をコンパクトにまとめている。

ウエスト 固体化学入門 (講談社サイエンティフィク)
上で紹介した本の和書。こちらはひとつ版が古いが、日本語で学びたい人には嬉しい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chemistrybook.blog.fc2.com/tb.php/25-71270687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。