CHEMISTRY OF BOOK

化学を学ぶ人のための専門書まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その他の無機化学関連書籍

その他の無機化学関連書籍
無機化学というのは物理化学や有機化学とは異なり、総合的な教科書をひと通り読んだ後にステップアップする本がほとんどない。しかし、無機化学関連の各論的な入門書は多数あるので、ここで一挙に紹介していく。



Superacid Chemistry (第2版)
世界でも希少な「超酸化学」の成書

Superacid Chemistry 

■出版社/原著出版社
Wiley-Interscience

■発行年
2009年

■サイズ
24.4×16.3×4.4 cm(ハードカバー:850頁)

■レベル
★★★★★(学部4年~研究者)

■ひとこと
超酸とは、硫酸や硝酸などよりも強い酸のことで、パラフィンを溶かすほどの強力な酸も知られている。そんな超酸化学について、この分野でノーベル化学賞を受賞したオラー教授が体系的にまとめあげた希少な1冊がこれ。今回は第2版となり、内容もさらに充実した。



Lanthanide and Actinide Chemistry (第2版)
ランタノイド・アクチノイド化学テキストの決定版

Lanthanide and Actinide Chemistry (Inorganic Chemistry: A Textbook Series)

■出版社
Wiley

■発行年
2006年

■サイズ
24.6×19×1.8 cm(ペーパーバック:280頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
無機化学のテキストではあまり詳細に触れられないランタノイドおよびアクチノイド元素。これらの最新研究結果を収録した格好の入門書がこれ。基礎から発展的内容まで幅広く網羅している。



Chirality in Transition Metal Chemistry (第1版)
「遷移金属化学のキラリティ」を学べる1冊

Chirality in Transition Metal Chemistry: Molecules, Supramolecular Assemblies and Materials (Inorganic Chemistry: A Textbook Series)

■出版社
Wiley

■発行年
2009年

■サイズ
24.6×19.0×1.5 cm(ペーパーバック:260頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
無機化学テキストシリーズの1冊。有機化学に比べて、無機化学のキラリティはあまり学習する機会がない。この本では遷移金属錯体の立体化学について詳しく学べる入門書。



Inorganic Structural Chemistry (第2版)
無機構造化学のテキストと言えばこの本

Inorganic Structural Chemistry (Inorganic Chemistry: A Textbook Series)


■出版社/原著出版社
Wiley

■発行年
2006年

■サイズ
24.1×18.7×1.5 cm(ペーパーバック:284頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
無機化学テキストシリーズの1冊。おろそかになりがちな無機化合物の構造。複雑でなかなか覚えられない人がいるかもしれない。そんな理解の助けとなるのがこのテキスト。昔から世界で読まれている名著である。



Mass Spectrometry of
Inorganic and Organometallic Compounds (第1版)

「無機化合物と有機金属の質量分析法」を学べる1冊

Mass Spectrometry of Inorganic and Organometallic Compounds: Tools - Techniques - Tips (Inorganic Chemistry: A Textbook Series)

■出版社/原著出版社
Wiley

■発行年
2005年

■サイズ
24.2×18.6×1.8 cm(ペーパーバック:292頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
質量分析法のテキストは数多いが、無機化合物と有機金属にフォーカスを当てて解説した本。



Structural Methods
in Molecular Inorganic Chemistry (第1版)

「分子構造解析の無機化学」を学べる1冊

Structural Methods in Molecular Inorganic Chemistry (Inorganic Chemistry: A Textbook Series)

■出版社/原著出版社
Wiley

■発行年
2013年

■サイズ
24.8×19.1×2.3 cm(ペーパーバック:496頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
無機構造解析の分光学的アプローチを論じた本。やや上級なレベル。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chemistrybook.blog.fc2.com/tb.php/29-2775329c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。