CHEMISTRY OF BOOK

化学を学ぶ人のための専門書まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘテロ環化学の教科書

ヘテロ環化学(Heterocyclic Chemistry)
一般的な有機化学の教科書では、詳しく取り扱われることのないヘテロ環化合物。生理活性の強い物質が多く、医薬品の開発とも密接に繋がっているので重要な分野だが、一歩踏み込んだ勉強をしないままで終わることが多い。ヘテロ環とひとことで言っても非常にバラエティ豊かで、その数は膨大なものになる。メディシナルケミストリーや薬理学の研究室に進む人は、一度専門書で知識の整理をしていくことが必要である。



Heterocyclic Chemistry (第5版)
ヘテロ環化学の決定版と言える詳細なテキスト

Heterocyclic Chemistry

■出版社
Wiley

■発行年
2010年

■サイズ
24.5×19.3×3.8 cm
(ペーパーバック:718頁)

■レベル
★★★★★(学部4年~研究者)

■ひとこと
膨大な種類のヘテロ環化合物を分かりやすく編集・解説した決定版。とくにヘテロ環化学そのものの性質、反応性など基礎的な事項が詳細に解説されている。初学者から熟練者まで幅広い読者を想定したヘテロ環化学のバイブルである。



評価の高いその他の名著
新編ヘテロ環化合物 基礎編 (KS化学専門書)
新編ヘテロ環化合物 応用編 (KS化学専門書)
新編ヘテロ環化合物 展開編 (KS化学専門書)
和書のなかでは数少ないヘテロ環化学の大著。3冊組だが、基礎編だけでも十分俯瞰できる。ただ、反応がぎっしりで解説が少なめのレイアウトは見辛く、通読すると飽きてくる。いかにも日本の教科書という感じだが、手っ取り早く調べ物をするには向いている。

ヘテロ環化合物の化学
最近発行されたヘテロ環化学のテキスト。薄くて持ち運びに便利なので、基礎知識を整理するのに使える。ここで紹介したジュールの本は読破するだけでも膨大な時間が取られるが、これなら通読も十分可能。内容も洗練されていて、幅広い読者におすすめできる1冊だ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chemistrybook.blog.fc2.com/tb.php/31-e57c840b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。