CHEMISTRY OF BOOK

化学を学ぶ人のための専門書まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核化学の教科書

核化学(Nuclear Chemistry)
原子核反応を論じる学問が核化学(Nuclear Chemistry)または放射化学(Radiochemistry)である。どちらもほぼ同義で使われることが多い。化学コースを出ていても、あまり学習する機会が少ないかもしれないが、超ウラン元素の性質や新元素の合成など、比較的先端のトピックスが多いのもこの分野の特徴。化学としての和書はあまり多くなく、専門的に学ぶとなると、やはり洋書になってしまうだろう。



Modern Nuclear Chemistry
核化学のバイブルと言えるグローバルスタンダード

Modern Nuclear Chemistry
Modern Nuclear Chemistry


■出版社
Wiley

■発行年
2001年(※2016年改訂予定)

■サイズ
24.4×16.3×3.8 cm(ハードカバー:704頁 ※初版)

■レベル
★★★★★(学部4年~研究者)

■ひとこと
世界でも数少ない核化学の専門書で、かなり詳細に記述されている。2016年に改訂版が出版される予定。



評価の高いその他の名著
現代放射化学
核・放射化学についてコンパクトにまとめた本。分量が少ないので、さっと基礎知識を付けたい人にオススメできる。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chemistrybook.blog.fc2.com/tb.php/34-2733f69a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。