CHEMISTRY OF BOOK

化学を学ぶ人のための専門書まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球化学の教科書

地球化学(Geochemistry)
化学と地球科学の境界領域である「地球化学」。地球初期の物質と現在の姿の比較、物質循環などを化学的に検証するという学問だ。化学コースよりも地球科学コースで学ぶ人が多いかもしれないが、化学者として「地球化学」の素養を身に付けることは大切。ここでは、基礎から学べる本を紹介していこう。



Geochemistry (第1版)
地球化学を広く取り扱った評価の高い名著

Geochemistry

■出版社
Wiley-Blackwell

■発行年
2013年

■サイズ
28.4×22.9×3.1 cm(ハードカバー:668頁)

■レベル
★★★★☆(学部3年~大学院)

■ひとこと
地球化学の教科書は、比較的数多く存在する。和書も、地球科学コースの学生向けの本はいくつか出ている。これは化学に重きを置いた最新の地球化学テキストである。アマゾンでの評価も上々だ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chemistrybook.blog.fc2.com/tb.php/36-e591eb98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。