CHEMISTRY OF BOOK

化学を学ぶ人のための専門書まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物理化学の教科書

物理化学(Physical Chemistry)
物理化学は化学の3大分野のひとつにして、専門コースの化学を学び始めた人に痛烈な洗礼を浴びせかける難解な科目。それゆえ、分かりやすく丁寧に記述された教科書が望まれているが、世界の著名な書の多くは、やはり難解なものが多いのが実情。ところで、物理化学はさまざまな分野の科目の“ごった煮”だと考える人がいるかもしれないが、実はそれぞれが綿密につながっていると考えるのが正しい解釈。ミクロ(量子)からマクロ(熱力学)、さらにそれに付随するさまざまな現象論を結びつける一本筋の通った教科書が望ましい。その基本の柱となるのが、「量子化学」と「化学熱力学」。これらの2大分野を基本軸に、ほかの分野が寄り集まって物理化学が成り立つ。ここで紹介するのは定番中の定番といえる名著たち。向き不向きもあるので、自分で実際に手にとって選んでみよう。



アトキンス
物理化学 (第8版)

物理化学のグローバルスタンダード

アトキンス 物理化学〈上〉アトキンス 物理化学〈下〉
アトキンス 物理化学問題の解き方(学生版) 英語版

■出版社/原著出版社
東京化学同人/Oxford University Press

■発行年
2009年

■サイズ
B5(ソフトカバー:上519頁・下456頁・解答547頁)

■レベル
★★★☆☆(学部2~4年)

■ひとこと
物理化学の教科書の代名詞的な存在。邦訳の最新版は第8版で、従来のものよりもカラフルで初めて物理化学に取り組む読者にも配慮している。一方、多くの大学で使われている定番の本だが、過去の版のほうが良かったという声も。というのも式の導出が少しばかり唐突なので、現象を理解するには優れているが厳密性にはやや欠ける。もし厳密な式の取り扱いを求めるなら、マッカーリ・サイモンのほうが優れている。とはいえ、物理化学の諸分野を総ナメするなど、網羅性に優れており、この分野の世界的なスタンダードなのは間違いない。ちなみに原著は第10版が最新の版となっている。なお、解答は全部の問題について掲載されていないので注意したい。



バーロー
物理化学 (第6版)

かつての定番本だった物理化学の名著

バーロー物理化学〈上〉バーロー物理化学〈下〉バーロー物理化学問題の解き方

■出版社/原著出版社
東京化学同人/The McGraw-Hill

■出版年
1999年

■サイズ
A5(ハードカバー:全1010頁・解答336頁)

■レベル
★★★☆☆(学部2~4年)

■ひとこと
アトキンスと肩を並べるほど有名、そして定番のテキストといえばバーロー物理化学である。ただしThe McGraw-Hill(マグロウヒル)から出版されていた原著(Physical Chemistry)の改訂が6版を最後にストップ。ほかにも新しい物理化学の教科書が次々と出版されたため、以前ほどの知名度はないかもしれない。しかし第4版辺りまでの邦訳版は訳が悪評だったものの、最新の第6版は内容、レイアウトとともに洗練されているので今でも十分有用な本。とりわけ電気化学が詳しめに収録されているのが特徴。アトキンスに馴染めない人にもおすすめ。手堅い、昔ながらの物理化学の教科書である。



マッカーリ・サイモン
物理化学 分子論的アプローチ (初版)

量子化学の分かりやすさが随一の新星

物理化学―分子論的アプローチ〈上〉物理化学―分子論的アプローチ〈下〉


■出版社/原著出版社
東京化学同人/Univ Science Books

■出版年
1999年・2000年

■サイズ
A5(ハードカバー:上666頁・下670頁)

■レベル
★★★☆☆(学部2~4年)

■ひとこと
今もっとも人気の高い物理化学の教科書がこれ。記述の詳しさに定評があり、とくに上巻は量子化学と分光学に重点を絞って解説。下手な量子化学専門の教科書よりもずっと詳しい。難解な量子化学をここまで丁寧に解説した本は少ないので、非常に貴重な存在と言えよう。数学のトピックスも、各章のあいだに適時挟みこまれ、非常に教育的で、初学者に優しい物理化学の教科書である。章末問題の解答は、別売りの洋書(Problems & Solutions to Accompany McQuarrie - Simon Physical Chemistry: A Molecular Approach)を手に入れなくてはいけない。



Atkins'
Physical Chemistry (第10版)

スタンダード本こそ原著で読みたいと思うあなたに

Atkins' Physical ChemistryStudent Solutions Manual to Accompany Atkins' Physical Chemistry

■出版社
Oxford University Press

■発行年
2014年

■サイズ
27.4×21.8×3.6 cm (ペーパーバック:1040頁)

■レベル
★★★☆☆(学部2~4年)

■ひとこと
アトキンス物理化学の原著最新版(10版)がこちら。教育的な記述ゆえ比較的読みやすい英語なので、学部2~3年生でも十分チャレンジできるレベルだ。自信があればぜひこちらの原著を手にとって見るのも悪くない。章立ての順序も、単なる諸分野の寄せ集めではなくこれは「物理化学」というひとつの学問体系を構築しているのだと改めて思わせてくれる。邦訳よりも版が新しく価格が安いのもメリットだろう。



Principles of
Physical Chemistry (第2版)

物理化学を広く学べる新しいグローバルスタンダード

Principles of Physical ChemistrySolutions Manual for Principles of Physical Chemistry

■出版社
Wiley-Interscience

■発行年
2009年

■サイズ
25.0×18.3×4.8 cm(ハードカバー:1084頁)

■レベル
★★★☆☆(学部2~4年)

■ひとこと
日本では丸善から邦訳版(クーン・フェルスターリンク物理化学(1)原子・分子・分子間力(2)平衡と反応・分子組織系・生命の起源)が出ていたが、現在は絶版となってしまった。その原著第2版がこれ。基礎から発展的な内容まで網羅されている。記述が詳しくて分かりやすいのが特徴。また電気化学や固体など、取り扱いの範囲が広くて網羅的なのもメリットのひとつ。日本ではアトキンスやマッカーリ・サイモンがメジャーだが、アメリカでは非常に有名な物理化学のテキストである。こちらもかなりオススメの1冊だ。



評価の高いその他の名著
ムーア物理化学 (上)
ムーア物理化学 (下)
ムーア物理化学問題の解き方
ムーアは物理化学の古典と言える本で、化学熱力学が詳しい。やや高度な内容なので第一選択肢にはならないが、2冊目の本または参考図書として利用価値がある。ただ、全体的に古いのが難か……。持っていて損はないのだが。

ほかには…
ボール物理化学〈上〉
ボール物理化学〈下〉
比較的ページ数が少ない物理化学の教科書は国産のものでも豊富だが、専門課程向けの本格的な本で新書で買えるものとなると、上記で紹介したものしかない。そのなかでもボール物理化学は、レイアウトが見やすく評判も上々のようだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chemistrybook.blog.fc2.com/tb.php/5-668fcf9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。